観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

平野国臣以下三十七士の墓

竹林寺(ちくりんじ)内すぐ右方にある。平野国臣は、もと福岡藩士で京都において同志とともに尊王攘夷(そんのうじょうい)運動に奔走したが捕えられ、元治元年(1864)7月19日、蛤御門(はまぐりごもん)の変のとき生野(いくの)挙兵の同志、天誅組(てんちゅうぐみ)や池田屋事件の勤王志士とともに斬首された。「憂国十年 東奔西馳 成否在天 魂魄帰地」と辞世の詩をよみ37才の生涯をおえた。明治10年(1877)西の京刑場(西大路太子道一帯)あとから斬首された国臣ら勤王志士37名の遺骨が発見され、あらためて当寺に移葬された。

基本情報

正式名称 平野国臣以下三十七士の墓
よみがな ひらのくにおみいかさんじゅうしちしのはか
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 上京区下立売通御前西入行衛町 竹林寺
アクセス 市バス 西ノ京円町
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する