観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

並河天民講学所跡

この地は、江戸時代中期の儒医並河天民の私塾、堀木之舎(ほりきのや)があったところである。天民は延宝7年(1679)京都郊外、横大路村の生まれで、性豪放、終生官に仕えず、赤貧に甘んじ、この地の私塾堀木之舎で学問を講じた。享保3年(1718)、40才で没し、東山の清閑寺に葬られた。

基本情報

正式名称 並河天民講学所跡
よみがな なみかわてんみんこうがくしょあと
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 中京区堀川丸太町上ル東側
アクセス 市バス 堀川丸太町
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する