観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

道元禅師示寂の地

この地は曹洞宗開祖道元禅師が生涯を閉じたところである。道元は建長5年(1253)病を養うため弟子懐奘を伴い上洛し、この地、下京区高辻通西洞院西入にあった俗弟子覚念の屋敷に滞在、同年8月28日、54歳の生涯を閉じた。

基本情報

正式名称 道元禅師示寂の地
よみがな どうげんぜんじじじゃくのち
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 下京区高辻通西洞院西入永養寺町
アクセス 市バス 西洞院仏光寺
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する