観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

横井小楠遭難の跡

肥後藩士横井小楠は、越前藩に招かれ藩政を指導、越前藩主松平慶永が幕府政事総裁職に就くや、そのもとで活躍。明治新政府の参与となったが、1869年(明治2)正月5日、御所参賀の帰途、中京区寺町通丸太町下ルの路上で数人の刺客により暗殺された。進歩的な思想が一部保守派に狙われるもとになった。同所に石碑あり維新史跡の一つ。墓は左京区、南禅寺塔頭天授庵。市バス河原町丸太町すぐ。

基本情報

正式名称 横井小楠遭難の跡
よみがな よこいしょうなんそうなんのあと
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 中京区寺町通丸太町下ル
アクセス 市バス 河原町丸太町
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する