観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

名和長年戦死の地

南朝の忠臣名和長年は、隠岐島を脱出した後醍醐天皇を鳥取県の船上山に迎え、建武新政権で重んじられたが、1336年(建武3)6月、九州から再度上洛してきた足利尊氏の軍勢を迎え撃ち、敗れて戦死。1886年(明治19)その地に顕彰碑がたてられた。市バス大宮中立売すぐ。

基本情報

正式名称 名和長年戦死の地
よみがな なわながとしせんしのち
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 上京区大宮通一条下ル
アクセス 市バス 大宮中立売
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する