観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

象山先生遭難碑

「ぞうざん」ともいう。幕末の兵法学者で、近くの木屋町通三条上ルに寓居し、開国論を唱えて公武合体につとめた。そのため攘夷派から憎まれ、1864年(元治1)7月11日夕刻、山階宮邸から自宅へ向かう途中、この地で、2人の刺客に襲われ最期を遂げた。高瀬川畔に碑。市バス河原町二条250メートル。

基本情報

正式名称 象山先生遭難碑
よみがな しょうざんせんせいそうなんひ
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 中京区木屋町御池上る
アクセス 市バス 河原町二条
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する