観光スポット・サービス情報

寺院・神社

曹洞宗 慧日山 慈眼寺

くろみつ大雄尊(明智光秀公墨塗りの黒坐像)

明智光秀公ゆかりの寺 くろみつ大雄尊(明智光秀公墨塗りの黒坐像)所蔵

戦国時代築城の山城としては、西日本最大と言われる、総石垣づくりの「周山城」。
そのふもとに、明智光秀公墨塗りの黒い坐像を祀る慈眼寺があります。
本能寺の変を起こし、逆臣の汚名を着せられた光秀公。
しかし善政の君主を慕う周山の民衆たちは、坐像に描かれた桔梗の家紋を墨で塗りつぶし、人知れぬ黒き秘像として今日まで守り伝えてきました。
黒坐像の厳しい表情と鋭い眼力は、難攻丹波の平定を見事成し遂げた光秀公の、どんな逆行をも跳ね返す信念を表します。
謎多き人物、光秀公の容姿を示す貴重な資料の黒坐像は、「くろみつ大雄尊」としてご拝観いただけます。

写真:くろみつ大雄尊(明智光秀公墨塗りの黒坐像)

基本情報

正式名称 曹洞宗 慧日山 慈眼寺
よみがな そうとうしゅう えにちさん じげんじ
通称名称 くろみつ 慈眼寺
よみがな くろみつ じげんじ
住所・所在地 京都市右京区京北周山町上代4
アクセス JRバスで80分、終点「周山」下車、徒歩5分
開催日時 月・土・日曜日
※火・水・木・金曜日は予約対応(当日予約可)
営業時間 10:00~16:00
定休日 -
TEL 075-852-0213
ホームページ http://jigenji.kyoto

マップを表示

一覧に戻る

関連タグ

この情報を共有する