観光スポット・サービス情報

お土産・伝統工芸

雀休

美しく良く回る縁起の良いコマを作っています。

京都の伝統工芸品・京こまの伝統を受け継ぐ、ただ一つの工房。京こまは、桃山時代に上流階級の女性が竹などの芯に着物の端切れを巻き付けて作ったお座敷こまが起源。現在は、木綿の平紐を竹芯に巻きつけて作られている。祇園祭の山鉾を精密に再現したものなど、芸術性の高いこまは鑑賞用としても人気。小さなこまをあしらったストラップやピアス、ヘアピンなど、日常使いできるグッズもそろう。職人技を間近で見学し、京こま作りに挑戦できる「見学・京こま制作体験」も。

基本情報

正式名称 雀休
よみがな じゃっきゅう
通称名称 京こま雀休
よみがな きょうこまじゃっきゅう
住所・所在地 京都市中京区神泉苑町1
アクセス 地下鉄「二条城前駅」下車、徒歩約5分
開催日時 -
営業時間 11:00~18:00
定休日 月曜・日曜、年末年始
TEL 075-811-2281
ホームページ http://www.shinise.ne.jp/jakkyu

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#お土産  #伝統工芸  #京都四大行事  #祇園祭  について関連する
よくある質問はこちら

京都滞在中にどんなイベントがあるかを知りたいのですが。
伝統行事、花の見ごろ、開催中のイベントなどを多数掲載しています。
詳しくは「イベント情報」をご覧ください。
また、花の見ごろについては「季節のたより」をご覧ください。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
混雑をさけて京都の朝観光を楽しみたいと思っています。どんなスポットがありますか? また。朝早くに開いているお土産屋さんはどこですか?
朝ならではの京都の楽しみ方をこちらでご紹介していますので、参考にしてください。お土産品については、八条口のアスティロードや近鉄名店街みやこみちの一部店舗が朝早くからオープンしています。
京都らしい食事がしたいのですが、どんな料理がありますか?
京懐石やおばんざいがよく知られています。湯葉、豆腐、京野菜などを使った季節の味がお楽しみいただけます。
京都土産をたくさん扱っているところを教えてください。
京都駅では、ジェイアール京都伊勢丹地下1階やThe CUBE 京都駅ビル専門店街などがあります。観光スポットでは、京都タワーや新京極、祇園、五条坂、嵐山エリアにも、お土産を豊富に取り揃えている店がたくさんあります。そのほか、和菓子店や名産品を手がける店の本店に行くと、「本店限定品」などが販売されていることもありますので、こちらもおすすめです。

その他のよくある質問を見る