観光スポット・サービス情報

美術館・博物館

何必館・京都現代美術館

京都八坂神社にほど近い、祇園・四条通北側に、昭和56年(1981)に開館した。
人間は、学問でも芸術でも定説にしばられ、自由を失ってしまう。定説を「何ぞ、必ずしも」と疑う自由の精神を持ち続けたいという願いから、「何必館」と名づけられた。
館内は静かな緊張感の漂う観賞空間に、優れた美術品が持つ本当の美しさを最大限引き出せるように展示、ライティングにも工夫を凝らしている。何必館の柱である村上華岳、山口薫、北大路魯山人を中心に、近・現代の絵画、工芸、写真を収蔵、展示。常設は、地階の北大路魯山人作品室。また、5階には、自然光が差し込む「光庭」がある。年数回、特別企画展も開催される。

開館時間は展覧会によって変更有

基本情報

正式名称 何必館・京都現代美術館
よみがな かひつかん・きょうとげんだいびじゅつかん
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 東山区祇園町北側271
アクセス 京阪電車 祇園四条下車 徒歩約5分
市バス 祇園下車 徒歩約3分
開催日時 -
営業時間 10:00~17:30
定休日 毎週月曜日・年末年始・展示替え期間
TEL 075-525-1311
ホームページ http://www.kahitsukan.or.jp

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#雨の日も楽しめる  #ユニバーサル観光  #美術館・博物館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
車椅子でも拝観できる観光施設はありますか?
バリアフリー情報はこちらでご確認ください。

その他のよくある質問を見る