観光スポット・サービス情報

寺院・神社

賀茂御祖神社(下鴨神社)

東本殿 西本殿

東本殿 西本殿

出雲井於神社(比良木社)

出雲井於神社(比良木社)

井上社(御手洗社)

井上社(御手洗社)

言社(大国さん)

言社(大国さん)

賀茂波爾神社(赤の宮神社)

賀茂波爾神社(赤の宮神社)

平安期以前の創祀で京最古の社の一つで山城国一の宮と崇められ、国事を祈願し、国民の平安を祈る神社として「賀茂斎院の制」「式年遷宮の制」等が定められた。祭神は賀茂建角身命と玉依媛命。国史跡「糺の森」の広大な境内には本殿(国宝)2棟や53棟の重要文化財社殿が並び、1994年(平成6)12月「古都京都の文化財」として、「世界遺産条約」に基づく世界文化遺産に登録された。5月15日の葵祭は優雅な王朝絵巻を再現する。
建立:本殿 1863(文久3)年(江戸後期) その他の社殿 1628(寛永5)年(江戸前期)

■東本殿 西本殿
下鴨神社(賀茂御祖神社)にある「流れ造り」の国宝建造物。東西二棟からなり、左に賀茂建角身命、右に玉依媛命を祀る。現存する建物は、文久3年(1863)に造替されたもの。

■出雲井於神社(いづもいのへのじんじゃ)(通称名称:比良木社/ひらきしゃ)
下鴨神社の境内摂社。式内社。建速須佐乃男命を祀る。社名は、旧山城国愛宕郡「出雲」郷の総社であること、「井於」(川=鴨川の辺)に社が鎮座することに由来する。この神社の周囲には植えられた木はどのような葉も、柊のようにギザギザになることから、比良木社(柊社)とも呼ばれる。運開き、厄除け、茶道上達の信仰がある。例祭、10月14日

■井上社(通称名称:御手洗社/みたらししゃ)
下鴨神社の境内末社。祭神、瀬織津姫命。社名は、社が井戸の上に建てられていることに由来する。社前の池は御手洗池、下流の川を御手洗川と称する。土用丑の日に行なわれる足つけ神事(御手洗祭)、立秋前夜の「矢取り神事(夏越神事)」が行なわれる。御手洗池の南庭では、5月の葵祭りに先だって斎王代が禊をするところである。御手洗池に湧き出る水泡を象ったものが「みたらし団子」で、発祥の地と伝えられている。

■言社(ことしゃ)(通称名称:大国さん)
下鴨神社拝殿前の同神社摂社。大国主命はその働き毎に異なる7つの名前を持ち、その名前毎に7つの社が鎮座する。それぞれが十二支の守護神であり、1月成人の日、初大国えとまつり、10月9日の秋祭には多くの参詣者で賑わう。社殿は重要文化財。
 一言社(東社) 大国魂神(巳、未歳守護神)
 一言社(西社) 顕国魂神(午歳守護神)
 二言社(北社) 大国主神(子歳守護神)
 二言社(南社) 大物主神(丑、亥歳守護神)
 三言社(北社) 志固男神(卯、酉歳守護神)
 三言社(中社) 大己貴神(寅、戌歳守護神)
 三言社(南社) 八千矛神(辰、申歳守護神)

■賀茂波爾神社(かもはにじんじゃ)(通称名称:赤の宮神社/あかのみやじんじゃ)
下鴨神社の境外摂社で、式内社。波爾安日子神、波爾安日女神を祀る。社名は、鎮座地側を流れる高野川かつて埴川と呼ばれていた事から、または祭神名から由来する。天照大神の弟神で大地を守護し、万物の生成発展、殖産興にはじめ方除、火災、災難、疫病、厄除け等の信仰が篤い。御蔭祭(御生神事)の時、路次祭が行われ、舞楽「還城楽(げんじょうらく)」が奉納される。

基本情報

正式名称 賀茂御祖神社(下鴨神社)
よみがな かもみおやじんじゃ(しもがもじんじゃ)
通称名称 下鴨神社
よみがな しもがもじんじゃ
住所・所在地 京都市左京区下鴨泉川町59
アクセス 京阪電車「出町柳」駅下車、徒歩約10分 
市バス「下鴨神社前」下車、徒歩約5分
開催日時 -
営業時間 6:30~17:00
※拝観時間は季節によって変化あり
定休日 なし
TEL 075-781-0010
ホームページ https://www.shimogamo-jinja.or.jp/

一覧に戻る

この情報を共有する

#寺院・神社  #木・花  #ユニバーサル観光  #朝観光  #世界遺産  #青もみじ  #【朝】見る  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
京都のお寺や観光施設の営業時間は何時ぐらいまでですか?
施設によって、開館時間は異なります。寺院や神社などは午後4時頃に受け付けを終える場合が多いので、あらかじめご確認ください。
朝や夜の観光は、京都朝観光・夜観光ページで特集しております。
子どもと京都を楽しめる場所はありますか?
京都市動物園、京都水族館、京都鉄道博物館、京都国際マンガミュージアム、宝が池公園 子どもの楽園など、お子さんが楽しく過ごせる施設がたくさんあります。家族で楽しむ旅を紹介した「旅のカタチ 家族旅」(URL)も参考に、旅のプランをたててみてください。
混雑をさけて京都の朝観光を楽しみたいと思っています。どんなスポットがありますか? また。朝早くに開いているお土産屋さんはどこですか?
朝ならではの京都の楽しみ方をこちらでご紹介していますので、参考にしてください。お土産品については、八条口のアスティロードや近鉄名店街みやこみちの一部店舗が朝早くからオープンしています。
今、京都で見ごろの花は何ですか?どこで見ることができますか?
寺院や神社、公園などまちのいたるところで、四季折々、さまざまな花を見ることができます。
京都観光Naviでは「季節のたより」「花だより」として、今が旬の花の開花状況を毎週更新しています。
無料で過ごせる観光客向けの場所でおすすめはありますか?
鴨川デルタ、京都駅大階段、京都御苑、岡崎公園、哲学の道、大文字山などがあります。神社も一般的に無料です。京都観光Naviでは「#無料」というタグで情報を整理していますので、検索の際にご活用ください。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
車椅子でも拝観できる観光施設はありますか?
バリアフリー情報はこちらでご確認ください。

その他のよくある質問を見る