観光スポット・サービス情報

寺院・神社

大徳寺

山門(三門)

山門(三門)

法堂

法堂

方丈庭園

方丈庭園

臨済宗大徳寺派の大本山で龍宝山と号する。
鎌倉時代末期の正和4年(1315)に播州の守護赤松円心の寄進により大燈国師宗峰妙超が開創。後に花園天皇と後醍醐天皇の厚い帰依を受け南北両朝の勅願寺となった。
室町時代には応仁の乱で荒廃したが、一休和尚が復興。
桃山時代には豊臣秀吉が織田信長の葬儀を営み、信長の菩提をとむらうために総見院を建立併せて寺領を寄進、それを契機に戦国武将の塔頭建立が相次ぎ隆盛を極めた。

勅使門から山門、仏殿、法堂(いずれも重文)、方丈(国宝)と南北に並び、その他を合わせいわゆる七堂伽藍が完備する。
天正17年(1589)に千利休によって山門の二階部分が増築され金毛閣と名付けられ、堂内に利休の像を安置したことから秀吉の怒りをかい利休自決の一因となったと言われる。
本坊の方丈庭園(特別名勝・史跡)は江戸時代初期を代表する枯山水。
方丈の正面に聚楽第遺構の唐門(国宝)がある。
什宝には牧谿筆観音猿鶴図(国宝)、絹本着色大燈国師頂相(国宝)他墨跡多数が残されている。

■山門(三門)
大徳寺にある桃山時代建築の重要文化財建造物。享禄2年(1529)、連歌師宗長が一階部分を寄進し、天正17年(1589)に千利休によって二階部分が完成し金毛閣と名付けられた。本瓦葺の唐様建築で、禅寺三門のうちでは、東福寺の三門に次いで古い。非公開

■法堂
大徳寺にある江戸時代建築の重要文化財建造物。仏殿の北にある。寛永13年(1636)小田原城主稲葉正勝の遺命によって、その子正則が寄進したものである。天井には狩野探幽筆による雲龍図がある。非公開(不定期で特別公開あり)

■勅使門
大徳寺にある桃山時代建築の重要文化財建造物。東の総門を入った境内のほぼ中央に建っている。慶長造営の皇居の南門を後水尾天皇より拝領し、移建したものと伝えられる。(常時公開)

■方丈庭園
方丈の南庭は大徳寺169世天祐紹杲が作庭、広い白砂敷きで土塀に沿って石と樹木を配置。正面には国宝の唐門。東庭は小堀遠州が作庭、二段の刈込に沿い大小の石組で表現され、昔は鴨川、比叡山を借景にしていた。

基本情報

正式名称 大徳寺
よみがな だいとくじ
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 京都市北区紫野大徳寺町53
アクセス 市バス「大徳寺前」下車、徒歩約10分
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ http://www.rinnou.net/cont_03/07daitoku/

詳細情報

駐車場 マイクロバス 3時間2000円
大型バス   3時間3000円
自家用車約50台 最初2時間500円以後30分毎100円

一覧に戻る

この情報を共有する

#寺院・神社  #庭園・池  #枯山水庭園  #重要文化財  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
京都のお寺や観光施設の営業時間は何時ぐらいまでですか?
施設によって、開館時間は異なります。寺院や神社などは午後4時頃に受け付けを終える場合が多いので、あらかじめご確認ください。
朝や夜の観光は、京都朝観光・夜観光ページで特集しております。
無料で過ごせる観光客向けの場所でおすすめはありますか?
鴨川デルタ、京都駅大階段、京都御苑、岡崎公園、哲学の道、大文字山などがあります。神社も一般的に無料です。京都観光Naviでは「#無料」というタグで情報を整理していますので、検索の際にご活用ください。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。

その他のよくある質問を見る