観光スポット・サービス情報

寺院・神社

雙林寺

金玉山と号する天台宗の寺である。
延暦年間(782~805)に尾張連定鑑(おわりのむらじじょうかん)が伝教大師最澄(さいちょう)を開基に招じて創建したのが当寺の起こりと伝える。その後、鳥羽天皇の皇女入寺などもあって栄え、広い境内と多くの塔頭子院(たっちゅうしいん)を有したが、中世になって衰微するに至った。応永年間(1394~1427)に国阿上人(こくあしょうにん)が再興し、時宗一派の本山となり、東山道場と称したが、応仁の乱後再び衰え、明治維新のとき天台宗に改まった。さらに、明治の中頃、円山公園が設置された際に多くの寺地を失い、現在は本堂の一宇にその名残をとどめるのみである。
本堂に安置する木造薬師如来坐像(重要文化財)は最澄御作と伝えられ、平安時代の翻波式衣文(えもん)がよく表現されている。
この地には、かつて、西行(さいぎょう)、平康頼(たいらのやすより)、頓阿(とんあ)などが庵住したと伝え、本堂の南西地には今も花月庵(西行堂)が建つ。また、豊臣秀吉もここで花見の宴を催したといわれる。京都十二薬師霊場会第七番札所。

基本情報

正式名称 雙林寺
よみがな そうりんじ
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 京都市東山区下河原鷲尾町527
アクセス 市バス「祇園」または「東山安井」下車、徒歩約10分
開催日時 毎月8日11:00より護摩奉修(参座可、1,000円)
営業時間 9:00~16:00
定休日 無休
TEL 075-561-5553
ホームページ https://www.sourinji.com/

朱印300円 参拝料200円 ※法要等により参拝できない場合あり

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#寺院・神社  #重要文化財  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
京都のお寺や観光施設の営業時間は何時ぐらいまでですか?
施設によって、開館時間は異なります。寺院や神社などは午後4時頃に受け付けを終える場合が多いので、あらかじめご確認ください。
朝や夜の観光は、京都朝観光・夜観光ページで特集しております。
無料で過ごせる観光客向けの場所でおすすめはありますか?
鴨川デルタ、京都駅大階段、京都御苑、岡崎公園、哲学の道、大文字山などがあります。神社も一般的に無料です。京都観光Naviでは「#無料」というタグで情報を整理していますので、検索の際にご活用ください。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。

その他のよくある質問を見る