観光スポット・サービス情報

駒札・歌碑

一乗寺下り松

一乗寺下り松

 平安中期から中世にかけこの辺りに一乗寺という天台宗の寺があった。

 天元4年(981)山門衆徒と寺門衆徒の対立の中、寺門派の僧、穆算(しゅうさん)が難を逃れて当寺に住んだことや、永延2年(988)円融法王が一夜を宿したことなどで知られるが、南北朝の動乱以後に衰えて廃絶した。この寺が地名の由来である。

 またここにあった松の下で、江戸初期の剣客、宮本武蔵が吉岡一門数十人と決闘したという伝説が残されており、ここから東にある八大(はちだい)神社には、当時の松の古株が保存されている。

 「下り松」と呼ばれ、古くから旅人の目印として植え継がれてきたこの松の樹は、現在四代目にあたるといい、傍らの記念碑は、大正10年に建立されたものである。左京区一乗寺花ノ木町

基本情報

正式名称 一乗寺下り松
住所・所在地 一乗寺花ノ木町

一覧に戻る

この情報を共有する