観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

落柿舎

落柿舎は嵯峨野の臍というべき地にひっそりと佇み、茅葺屋根の閑雅でどこか懐かしい佇まいを慕って、今も昔も訪れる人の絶えない、日本文学の大切な史跡である。
芭蕉がその門人の中でも最も信頼を寄せていた去来(1651~1704)の営んだ庵であり、その閑寂な風情と去来の篤実を愛した芭蕉は、合わせて三度も来庵、とりわけ元禄四年の初夏には長く滞在し、落柿舎を拠点として嵯峨嵐山の名所名刹を巡った。その記録は名作『嵯峨日記』として遺されている。以来落柿舎は「俳諧道場」として世に聞こえ、今も風雅を愛する多くの方々に親しまれている。

基本情報

正式名称 落柿舎
よみがな らくししゃ
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 右京区嵯峨小倉山緋明神町20
アクセス JR 嵯峨嵐山下車 徒歩約15分 京福電車 嵐山下車 徒歩約20分阪急電車 嵐山下車 徒歩約25分市バス 嵯峨小学校前下車
開催日時 -
営業時間 9:00~17:00
定休日 12月31日、1月1日
TEL 075-881-1953
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#ユニバーサル観光  #【朝】見る・聞く  について関連する
よくある質問はこちら

車椅子でも拝観できる観光施設はありますか?
バリアフリー情報はこちらでご確認ください。

その他のよくある質問を見る