観光スポット・サービス情報

寺院・神社

命婦稲荷社

命婦稲荷社の主祭神は正一位命婦稲荷大明神で、寛文8(1668)に伏見の稲荷本宮に勧請してお祀りしたのが始まり。御鎮座以来、鍛冶屋町の守護神として又家庭円満、商売繁昌を加護される神様として崇敬され、町民により大切に守られてきた。一方それより昔から「鉄輪塚」と呼ばれる塚と井戸があり、これは或る女が自分を捨てた亭主を祈り殺そうと、貴船へ丑の刻詣りをしたが満願を前に志を遂げず、この辺りで亡くなったのを葬った塚で身投げをした井戸だといわれる。この井戸の水を汲んで相手に飲ませると、悪縁が切れるとの俗信があった。謡曲鉄輪はこの丑の刻詣りの女が題材になっている。「鉄輪町」と呼ばれた一時期を経て江戸初期、町衆が興隆期に入り、先のお稲荷さんを迎えお祀りした。明治10年(1877)市中の小祠廃止の府令に従い、命婦稲荷は閉鎖され、忘れれ去らたが、昭和10年(1935)8月にご神体が町内の蔵から出現し、町民の熱意により、同年11月、現在地に再建されこの工事で発掘された「鉄輪」の碑をご神体としてお祀りしたのが鉄輪社である。

連絡先 鍛治屋町町内会長
岡本有司 090-3973-5963

基本情報

正式名称 命婦稲荷社
よみがな みょうぶいなりしゃ
通称名称 鉄輪社 鉄輪の井戸
よみがな かなわしゃ かなわのいど
住所・所在地 京都市下京区堺町通松原下る鍛冶屋町
アクセス 地下鉄烏丸線五条駅より徒歩約7分 四条駅より徒歩約12分/京阪電車清水五条駅より徒歩約9分/阪急京都線烏丸駅より徒歩約12分
開催日時 -
営業時間 -
定休日 なし
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#神社  #入場・拝観無料  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
京都のお寺や観光施設の営業時間は何時ぐらいまでですか?
施設によって、開館時間は異なります。寺院や神社などは午後4時頃に受け付けを終える場合が多いので、あらかじめご確認ください。→スポット検索のトップページへ
夜の観光は、京都夜観光ページで特集しております。
無料で過ごせる観光客向けの場所でおすすめはありますか?
鴨川デルタ、京都駅大階段、京都御苑、岡崎公園、哲学の道、大文字山などがあります。神社も一般的に無料です。京都観光Naviでは「#無料」というタグで情報を整理していますので、検索の際にご活用ください。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。

その他のよくある質問を見る