観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

上賀茂伝統的建造物群保存地区

上賀茂は、平安京の地主神である上賀茂神社を中心に、神官(社司と氏人)と農民によって門前集落が形成され、室町時代から神官の屋敷町として発展してきた。神社の境内から流れ出る明神川に沿って、「豕扠首(いのこさす)」という独特の妻飾りを持つ社家(神官の屋敷)が建ち並び、土橋、土塀、門、前庭の樹木と一体となって、社家町の歴史的景観を今に伝えている。
 

基本情報

正式名称 上賀茂伝統的建造物群保存地区
よみがな かみがもでんとうてきけんぞうぶつぐんほぞんちく
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 京都市北区上賀茂藤ノ木町、上賀茂池殿町辺り
アクセス 市バス「上賀茂神社前」下車、徒歩2分
地下鉄「北山」駅下車、徒歩20分
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する