観光スポット・サービス情報

寺院・神社

源光寺

当初は仁和寺の末寺であったが、現在は臨済宗天龍寺派の末寺で常盤山源光寺といい、本尊に地蔵菩薩を祀っている。創建は嵯峨天皇第三皇子である左大臣源常(みなもとのときわ)の山荘を寺に改めたものとされている。
また、源義経の母、常盤御前が晩年に境内で庵を営み没したとの伝承がありその墓がある。
本寺は約800年続く伝統行事、京都六地蔵巡りの一つ「常盤地蔵」が祀られている寺で、毎年8月22日・23日の両日に行われ多くの方が参拝に来られる。

お幡:8月22日、23日
朱印:ご希望の方は連絡先を書いたものを寺宛にお送りください。(※電話対応は不可)

基本情報

正式名称 源光寺
よみがな げんこうじ
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 京都市右京区常盤馬塚町1
アクセス 京福「常盤」駅下車、徒歩3分
JR「太秦」駅下車、徒歩7分
開催日時 京都六地蔵巡り:8月22日、23日
開催期間中は 5:00〜22:00
営業時間 8:00~16:00頃(但し、参拝のみ)※都合により閉門の時がある。
定休日 -
TEL 075-881-6807
ホームページ -

一覧に戻る

この情報を共有する

おすすめ観光情報

観光スポット・サービス情報一覧へ