カテゴリ別観光情報

工房・体験施設

西陣くらしの美術館 冨田屋

外観

外観

お茶席

お茶席

明治時代にタイムスリップしてみませんか?

築130年の町家とともに伝統的な西陣の暮らしぶりを「西陣くらしの美術館」として公開している冨田屋。店舗と奥の住居からなる京の町家建築様式で、特に「表屋造り」と呼ばれる明治期の典型的な呉服問屋の大店の町家です。1999年には文化庁より国の登録有形文化財、並びに2007年には、京都市重要景観建造物の指定を受けています。華美な装飾は避け、材料を吟味した建築で、当主自ら大工の棟梁と共に山中に分け入り選んだ木材を使用しております。部屋の内部だけでなく、庭の隅々にまで当主の細かい心遣いが行き届いた、昔からのしきたりが残された町家です。

基本情報

正式名称 西陣くらしの美術館 冨田屋
よみがな -
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 京都市上京区大宮通一条上ル
アクセス 京都駅よりタクシーで約15分、市バス・一条戻り橋下車約3分 今出川大宮下車 約3分
開催日時 -
営業時間 9:00~5:00(予約4:00まで)
定休日 無休
TEL 075-432-6701
ホームページ http://www.tondaya.co.jp/

詳細情報

収容人数 定員
1名~60名            (プランによって要相談)
利用シーン 客層
国内旅行、訪日旅行、修学、研修旅行
クレジットカード VISA、Master Card、American Express
外国語対応 可 英語
駐車場 近くにコインパーキングあり バス用パーキングあり

【所要時間】
基本プラン45分、お着物15分、お茶席15分、お弁当60分             【申込方法】
電話、FAX、インターネット

料金・価格

体験内容と料金

【基本プラン】
町家見学+京都のしきたりのお話  2100円
(お着物体験 4200円/お茶席体験 2100円/伝統弁当 3150円のオプションがあります。)

マップを表示

お気に入りに登録する

一覧に戻る

この情報を共有する

#文化を紹介する施設  #雨の日も楽しめる  #要予約  #京都修学旅行パスポート  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
京都迎賓館は予約なしで参観できますか?
自由参観方式のため予約なしで参観できます。ただし、事前申込みをした人から優先して入場となりますので、事前の予約がおすすめです。参観料は1000円です。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
舞妓さんはどこで見ることができますか?
舞妓さんによる京舞をはじめ、日本のさまざまな伝統芸能を気軽に観ることができる施設が祇園町にある弥栄会館「ギオンコーナー」です。京舞のほか、狂言、雅楽、茶道、華道、箏曲といった、日本の伝統芸能を約1時間で身近に鑑賞することができます。休演日を除く毎日、午後6時~・7時~の2回、公演が行われており、個人での入場の場合、予約の必要はありません。

その他のよくある質問を見る