深く知る

※祇園祭(前祭・後祭)山鉾巡行の当日の実施については、当日早朝より、当サイト(京都観光Navi)もしくは、京都市観光協会公式SNSアカウント(facebookTwitter)にてご案内いたします。

祇園祭の概要

八坂神社の祭礼で、毎年7月1日(吉符入)から31日(疫神社夏越祭)まで、1か月にわたっておこなわれます。一般には、17日(前祭・山鉾巡行と神幸祭)と24日(後祭・山鉾巡行と還幸祭)その宵山が広く知られていますが、別記のような実に多彩な祭事がおこなわれます。

今からおよそ1100年前の清和天皇の貞観11(869)年に、京洛に疫病が流行し、庶民の間に病人、死人が多数出ました。 そこで66本の矛を立て、洛中の男児が祇園社の神興を神泉苑(中京区御池通大宮)におくり、悪疫を封じ込む御霊会をおこなったのがはじまりであると伝えられています。
その後、祇園社の興隆とともに、"祇園御霊会"とよばれ、この名が略されて単に祇園会とよばれるようになりました。はじめのころは、疫病流行の時だけ不定期に行われていましたが、円融天皇の天禄元(970)年からは、毎年6月14日におこなわれるようになりました。 その間、保元、平治の乱に一時絶え、足利時代に再興、足利将軍、夫人らが観覧したことが記録にのこっています。

しかし、応仁、文明の乱で京都は焼野原と化し、折角の祇園会の興隆に一頓挫をきたしましたが、町衆の祇園会に対する熱情は容易に屈せず、大乱の33年のち、明応9(1500)年6月には再び山鉾26基が巡行したと伝えられています。
これらが契機となり、山鉾は町衆の手によって創意がこらされ、内容外観ともに豪華、絢爛なものとなりました。

永正元(1504)年6月には後柏原天皇もこの祇園会を観覧しています。当時の町衆の信仰と勢力は次第に大きくなり、天文2(1533)年、延暦寺大衆の影響により、神興渡御ができなくなると、"神事無之共、山鉾渡し度し"と申し出るほど町衆の山鉾存続への熱意が高まっていきました。

鉾が今のような形になり、豪華な飾りをつけるようになったのは、桃山時代から江戸時代にかけて貿易がおこり、町衆階級が勃興して舶来のゴブラン織や西陣織などが競って用いられるようになってからです。
このように、この祭は1000年の伝統を誇っており、再三中断、再興をかさねて京都の歴史とともに歩んできたものです。

祭の規模

日本三大祭のひとつにあげられており、その歴史の長いこと、祭事がほとんど1か月にわたってくりひろげられるという大規模なものであることでひろく知られています。
また山鉾行事は、昭和54(1979)年、国の重要無形民俗文化財に指定されたほか、平成21(2009)年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されました。

鉾と山のつくり

鉾・曳山

巡行する鉾のうちで最大のものは、約12トンに達します。また、これの組立、巡行、及び解体には延約180人もの人手を要します。船鉾・大船鉾を除いた各鉾の大体の大きさと構造については次のとおりです。

重量 約12トン(約3,200貫)
高さ 地上から鉾頭まで約25m 地上から屋根まで約8m
車輪 直径約1.9m前後
屋根 長さ約4.5m 巾約3.5m前後
鉾胴 長さ約3.5m 巾約3m
石持 長さ約6m余り
囃子舞台 8㎡~10㎡
曳手 鉾の巡行に当り綱を曳く役 40人~50人
音頭取 曳手と車の操作の上に立つ指揮者2人(辻を曲る時のみ4人)
屋根方 電線等の障害を調整する役4人
囃子方 祇園囃子を演奏する
車方 鉾の舵をとる役

舁山

各山とも構造、重量に大差なく、その飾り金具、人形の大きさにより多少重量が異なる程度で、大体次の通りです。山のなかでも岩戸山、北観音山、南観音山は曳き山で形態は鉾と同じ。ただ真木が松の木で高さは地上約15mあります。

重量 約1.2トン(約320貫)~約1.6トン(約420貫)
舁手 14人~24人

祇園祭ワード

前祭:7月10日~14日、後祭:7月18日~21日
各山鉾町

山鉾建て

各山鉾町では、山建てや鉾建てが行われます。四本柱に貫や筋違で胴組を組み立てますが、各町によってこれらの位置や角度が違うため、 それぞれの形は独自のものを持っています。固定方法は荒縄による縄絡みと呼ばれる伝統的な技法で行い、 釘は1本も使っていません。
この縄絡みは巡行の際におきる揺れによる歪みを吸収することができるのが優れた点です。

前祭:7月12日・13日、後祭:7月20日・21日
各山鉾町

曳き初め

山鉾の組立が完了すると、鉾と曳山は祇園囃子を奏でながら、町内の試し曳きが始まります。舁山のなかには、町内の人々により舁かれることもあります。一般の人も山鉾によっては自由に参加できます。

前祭:7月14日~16日、後祭:7月21日~23日
山鉾町有志の町家・お店

屏風祭

宵山には「屏風祭」と言われる風習があり、山鉾町の旧家では表の格子をはずしたりして、秘蔵の屏風などを飾り付けた座敷を開放する「屏風飾り」が行われ、宵山の楽しみの一つです。新町、室町、六角通などを歩けば、思いもかけない所で屏風祭が見られ、期間中は、燈籠の灯りなどで演出された京町家の夜の情緒も楽しめます。

くじ改め

山鉾巡行の見せ場のひとつが、巡行順がくじ通りであるかを確認する儀式「くじ改め」です。各山鉾の行司がくじ札の入った文箱(ふばこ)を差し出す所作は、毎年注目の的。奉行役の京都市長がくじ札を見定め、通行の許しが得られると山鉾に扇子を広げて合図がおくられます。

お稚児さん

「稚児」は神様の使いとされています。「長刀鉾」の稚児は、巡行当日、注連縄(しめなわ)を太刀で切り落とす「注連縄切り」という大切な役割を担っています。このほか、「綾傘鉾稚児」や「久世駒形稚児」など、大役を担う子どもたちの活躍も欠かせません。

山鉾の懸装品(装飾)

全33基の山鉾のうち29基は、重要有形民俗文化財にも指定されていて、美しい絨毯、タペストリーなどで飾られています。舶来のゴブラン織や西陣織などが用いられた山鉾もあり、巡行を見ていると、次々に美術品が目の前に現れます。山鉾が〝動く美術館〟と言われるゆえんです。

7月17日・24日
八坂神社・御旅所

神幸祭・還幸祭

7月17日に八坂神社の御神霊が遷された三基の神輿が、四条寺町の御旅所まで渡御します。18時頃、ご神宝奉持の行列を先頭に発輿。24日には神輿が八坂神社へと戻ります。22時頃から順次、神社へ到着した神輿は、舞殿を右回りに3周し、神輿を舞殿に上げ、御神霊を遷します。

7月24日
八坂神社

花傘巡行

花傘は、山鉾の古い形態を現代に再現したものです。傘鉾・馬長稚児・児武者をはじめ、二つの花街の芸妓舞妓、六斎念仏、祇園囃子の曳山など総勢千人の行列が京の町を巡行します。
【巡行順路】祇園石段下(八坂神社)→寺町通→御池通→河原町通→四条通→八坂神社
※花傘巡行は天候により中止または一部内容変更あり

山鉾の説明

前祭(7月17日 巡行)

33基の山鉾のひとつひとつに、いわれを表した意匠や「動く美術館」とも呼ばれる豪華な装飾が施されていて、大変見ごたえがあります。

長刀鉾 NAGINATA HOKO

長刀鉾(NAGINATA HOKO)

鉾頭に大長刀をつけているのでこの名で呼ばれています。古来より「くじとらず」で毎年必ず巡行の先頭に立ちます。生稚児が乗るのはこの鉾だけです。
函谷鉾 KANKO HOKO

函谷鉾(KANKO HOKO)

鉾の名は中国の孟嘗君が鶏の声によって函谷関を開かせたという故事に由来しています。鉾頭の月と山型とは山中の闇をあらわし、真木には孟嘗君、その下に雌雄の鶏をそえています。
菊水鉾 KIKUSUI HOKO

菊水鉾(KIKUSUI HOKO)

町内の井戸、菊水井にちなんで名付けられた鉾。鉾頭には金色の透かし彫の菊花をつけ、真木には彭祖像をまつっています。昭和27年に再興され、昭和の鉾としての偉容を示しています。
月鉾 TSUKI HOKO

月鉾(TSUKI HOKO)

鉾頭に新月型をつけていることから、この名で呼ばれています。真木のなかほどに月読尊をまつり、屋根裏の草花図は円山応挙の筆、胴懸にはインドやトルコの絨毯を用いています。
鶏鉾 NIWATORI HOKO

鶏鉾(NIWATORI HOKO)

天下がよく治まり、訴訟用の太鼓に苔が生え、鶏が宿ったという中国の故事の心をうつしたものといわれています。鉾頭の三角形の中の円形は、鶏卵が太鼓の中にある意味をあらわすといわれています。
放下鉾 HOKA HOKO

放下鉾(HOKA HOKO)

鉾の名は真木のなかほどに放下僧の像をまつることに由来します。鉾頭は日・月・星の三光が下界を照らす形を示し、洲浜の形に似ているともいう。前懸・胴懸には花文様のインドやペルシャの絨毯があります。
岩戸山 IWATO YAMA

岩戸山(IWATO YAMA)

天之瓊矛(あまのぬほこ)を手にした伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の国生み神話と、天の岩戸を開いて天照大神を出現させる神話という2つの主題をもつ山。山とはいえ鉾と同じく車輪をつけた曳山で、鉾柱のかわりに屋根上に真松を立てています。
船鉾 FUNE HOKO

船鉾(FUNE HOKO)

神功皇后の説話により鉾全体を船の形にし、舳先に金色の鷁を乗せ、飛龍文様の舵をつけています。鉾の上には皇后と安曇磯良・住吉・鹿島の三神像を安置しています。
山伏山 YAMABUSHI YAMA

山伏山(YAMABUSHI YAMA)

山伏姿の御神体は、八坂の塔が傾いたときに法力によってそれを直したという浄蔵貴所の大峰入りの姿をあらわしています。左手に数珠、右手には斧を持ち、腰に法螺貝をつけています。
孟宗山 MOSO YAMA

孟宗山(MOSO YAMA)

筍山ともいい、御神体は病身の母を養う孟宗が、雪の中で筍を掘り当てた姿をあらわしています。唐人衣装に笠をつけ、右手に雪をかぶった筍、左手には鍬を肩にかついで立っています。
太子山 TAISHI YAMA

太子山(TAISHI YAMA)

聖徳太子が四天王寺建立にあたり、自ら山中に入って良材を求めたという所伝にもとづき、 他の山が真木に松を立てているのに対して、この山は杉を立てています。
郭巨山 KAKKYO YAMA

郭巨山(KAKKYO YAMA)

中国の郭巨釜掘りの故事にちなみ「釜掘り山」ともいわれています。童子を養えなくなった郭巨が鍬を振り降ろすと地中より黄金一釜が出てきた姿をあらわしています。
保昌山 HOSHO YAMA

保昌山(HOSHO YAMA)

丹後守平井保昌と和泉式部の恋物語に取材し、保昌が式部のために紫宸殿の紅梅を手折ってくる姿をあらわしています。故事にちなみ宵山には「縁結び」のお守りが授与されています。
油天神山 ABURATENJIN YAMA

油天神山(ABURATENJIN YAMA)

古くから町内に祀られていた天神を勧請して作られた山で、油小路にあるところから油天神山とも呼ばれています。正面に朱の鳥居を立て金箔置の社殿には天神像を安置しています。
四条傘鉾 SHIJOKASA HOKO

四条傘鉾(SHIJOKASA HOKO)

織物の垂りなどをつけた傘と棒ふりばやしが巡行する、古い鉾の形態である傘鉾の一つです。応仁の乱以前に起源をもち、傘の上には御幣と若松が飾られています。昭和60(1985)年に再興されました。
蟷螂山 TORO YAMA

蟷螂山(TORO YAMA)

南北朝時代、足利軍に挑んで戦死した四条隆資の戦いぶりが中国の故事「蟷螂の斧」のようであったことから、四条家の御所車に蟷螂を乗せて巡行したのがはじまりといわれています。
伯牙山 HAKUGA YAMA

伯牙山(HAKUGA YAMA)

中国の周時代、琴の名人伯牙とその友人鍾子期との物語に由来しています。伯牙が鍾子期の死を聞いて琴の絃を断ったという故事をあらわし、御神体は手に斧を持ち、前に琴が置かれています。
木賊山 TOKUSA YAMA

木賊山(TOKUSA YAMA)

謡曲「木賊」に取材し、我が子を人にさらわれて、一人、信濃国園原の里で木賊を刈る翁をあらわしています。御神体は腰に蓑をつけ、左手に木賊、右手に鎌を持っています。
霰天神山 ARARETENJIN YAMA

霰天神山(ARARETENJIN YAMA)

永正年間、京都に大火があったとき、時ならぬ霰が降り、猛火はたちまちに消えましたが、そのとき一寸二分の天神像が降ってきたので、これを祀ったのがこの山の起こりであるといわれています。
白楽天山 HAKURAKUTEN YAMA

白楽天山(HAKURAKUTEN YAMA)

唐の詩人白楽天が道林禅師に仏法の大意を問う姿です。胴懸はフランス製の織物も。道林禅師は手に数珠と払子を持ち松の枝の上に座し、白楽天は唐冠をかぶり、笏を持って立っています。
芦刈山 ASHIKARI YAMA

芦刈山(ASHIKARI YAMA)

謡曲「芦刈」にもとづき、故あって妻と離れて難波の浦で芦を刈る老翁が、やがて妻との再会をはたす夫婦和合の姿をあらわしています。御神体の衣裳は山鉾最古。
占出山 URADE YAMA

占出山(URADE YAMA)

神功皇后が鮎を釣って戦勝の兆としたという説話に由来しています。金の烏帽子の御神体は右手に釣竿、左手に吊りあげた鮎を持っています。
綾傘鉾 AYAGASA HOKO

綾傘鉾(AYAGASA HOKO)

山鉾の古い形態を残す傘鉾のひとつです。直径2.6mの大きな綾傘の前に進む6人の稚児と赤熊をかぶり、棒をもった者が鉦、太鼓、笛にあわせて踊る棒振り囃子が特徴。

後祭(7月24日 巡行)

北観音山 KITAKANNON YAMA

北観音山(KITAKANNON YAMA)

楊柳観音像と韋駄天立像を安置する曳山。巡行時に柳の枝を差出しています。天水引は観音唐草と雲龍図を隔年で使用しています。
南観音山 MINAMIKANNON YAMA

南観音山(MINAMIKANNON YAMA)

本尊の楊柳観音像は悠然と瞑想をする鎌倉時代の座像。諸病を防ぐといわれ、巡行には柳の大枝を差し、山の四隅に木彫薬玉をつけています。
大船鉾 OFUNE HOKO

大船鉾(OFUNE HOKO)

前祭の船鉾が出陣船鉾と称されるのに対し、凱旋船鉾といわれています。平成26(2014)年より、幕末以来150年ぶりに復興し、巡行に参加しています。
橋弁慶山 HASHIBENKEI YAMA

橋弁慶山(HASHIBENKEI YAMA)

鎧姿に大長刀を持つ弁慶と、橋の欄干の擬宝珠の上に足駄で立ち、右手に太刀を持つ牛若丸が五条の大橋で戦う姿をあらわしています。
役行者山 ENNOGYOJA YAMA

役行者山(ENNOGYOJA YAMA)

御神体として役行者と一言主神、葛城神の三体を安置。役行者が一言主神を使って葛城山と大峰山の間に橋をかけたという伝承によります。
鯉山 KOI YAMA

鯉山(KOI YAMA)

中国の故事「登龍門」を題材としています。大きな鯉が跳躍し、龍門の滝を登る鯉の奔放な勇姿をあらわしています。朱塗鳥居を立て、奥の祠に素盞鳴尊が祀られています。懸装品にはベルギー製のものも。
八幡山 HACHIMAN YAMA

八幡山(HACHIMAN YAMA)

町内に祀られている八幡宮を山の上に勧請したもので、通常は町会所の庭のお宮に祀っています。山の上の祠は総金箔の美麗なものです。
鈴鹿山 SUZUKA YAMA

鈴鹿山(SUZUKA YAMA)

伊勢国鈴鹿山で、道行く人々を苦しめた悪鬼を退治した鈴鹿権現を、金の烏帽子をかぶり、手に大長刀をもつ女人の姿であらわしています。
黒主山 KURONUSHI YAMA

黒主山(KURONUSHI YAMA)

謡曲「志賀」にちなみ、御神体の大伴黒主が桜の花をあおぎながめている姿をあらわしています。桜の造花は戸口に挿すと悪事除けになるといわれています。
浄妙山 JOMYO YAMA

浄妙山(JOMYO YAMA)

筒井浄妙と一来法師が一番乗りを競う「平家物語」の宇治川合戦に由来。僧兵浄妙が一番乗りをしようとすると、弟子である一来法師がその頭上を飛び越え、先陣をとったという平家物語の一節に取材しています。

※本文中の「祇園祭」の「ぎ」は、システム上のフォントの都合から「示」へんにて表される場合がありますが、以前より「ネ」へんが使用されています。

お気に入りに登録する

この情報を共有する

「京都四大行事」一覧に戻る