観光スポット・サービス情報

駒札・歌碑

地蔵院

地蔵院

 衣笠山(きぬがさやま)と号する臨済禅宗の寺で、通称、谷の地蔵、又は、竹の寺とも呼ばれている。

 この地には、もと歌人の衣笠内大臣藤原家良(ふじわらのいえよし)の山荘があったが、家良の没後、貞治6年(1367)に、管領の細川頼之(ほそかわよりゆき)が、宗鏡(そうきょう)禅師に深く帰依して当寺を創建した。宗鏡は、恩師夢窓(むそう)国師を開山に請じて、自らは第2世となった。

 以後、当寺は、細川家の庇護を受け、次々と伽藍を建立し、境内塔頭三院、末寺23寺を数える一大禅刹となったが、応仁の乱により堂舎は悉く焼失してしまった。その後、江戸時代の宝永元年(1704)に、第14世古霊和尚によって寺観が整えられた。

 現在の本堂(地蔵堂)は、昭和10年(1935)に再建したもので、堂内には、本尊の延命安産地蔵菩薩のほか、夢窓国師、宗鏡禅師、細川頼之の木像を安置している。また、方丈前には、「十六羅漢の庭(じゅうろくらかんのにわ)」と呼ばれる枯山水庭園があり、本堂南には、宗鏡禅師、細川頼之の墓がある。西京区山田北ノ町

基本情報

正式名称 地蔵院
住所・所在地 山田北ノ町23

一覧に戻る

この情報を共有する