観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

東三条院址

東三条院の址はこの辺りを中心として二条通、御池通、新町通、西洞院通に囲まれた東西約130メートル、南北約280メートルに及ぶ細長い地域をいい、平安時代隆盛を極めた藤原氏の邸があったところである。藤原氏出身の女子で皇妃、母后となった人が居住する習わしとなっていた。一条天皇の皇太后となった藤原詮子は、出家して東三条院と称した。その後、邸は藤原道長に引継がれたが、邸内は尊美を極め、庭内池には竜頭船を浮べて、天皇の行幸を仰ぎ、公家の遊宴が盛んに行われた。邸は安元3年(1177)火災で焼失した。

基本情報

正式名称 東三条院址
よみがな ひがしさんじょういんし
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 中京区釜座通押小路西入上松屋町
アクセス 市バス 新町御池
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する