観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

大村益次郎卿遭難碑

幕末の兵学者大村益次郎は、1869年(明治2)新政府の兵部大輔に任ぜられたが、その年の9月、中京区木屋町通御池上ルの旅館で刺客に襲われ同11月死去した。近代兵制の樹立に尽くした大村を刺したのは、「徴兵制に反対」する男であった。中京区木屋町通御池上ル西側に石碑がある。地下鉄 市バス京都市役所前200メートル。

基本情報

正式名称 大村益次郎卿遭難碑
よみがな おおむらますじろうきょうそうなんひ
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 中京区木屋町通御池上ル
アクセス 地下鉄 市バス 京都市役所前
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する