観光スポット・サービス情報

寺院・神社

八坂神社

本殿

本殿

西楼門

西楼門

祭神は素戔嗚尊・櫛稲田姫命・八柱御子神。明治維新まで祇園社または感神院と称した。創祀は、諸説あるが社伝では斉明天皇2年(656)と伝えられ平安遷都がなされた延暦13(794)以前よりこの地に祀られていたとされる。また、貞観11年(869)疫病流行の際、当社の神にお祈りして始まったのが祇園祭である。平安時代には二十二社の一社に数えられ、朝廷からも厚く崇敬された。一方、民衆の信仰も深く京都はもとより全国に広く崇敬されるようになった。現在では祇園社または八坂神社と呼ばれる神社は三千余社に及ぶ。

■本殿
八坂神社にある江戸時代建築の国宝建造物。現在の社殿は、承応3年(1654)徳川家綱が再建した。祇園造と呼ばれる独特な建築様式となっている。
平成の大修造営に伴い修復、日本最大級の神社神殿である。平成14年4月15日本殿遷座祭を斎行し、色彩豊かな本殿が竣功した。(24時間参拝可)

■西楼門
八坂神社にある重要文化財建造物。応仁の乱で焼失後、明応6年(1497)桧皮葺で再建。永禄年間(1558~1570)に瓦葺きに替えた。大正2年(1913)四条通拡張に伴い移動。同時に翼廊を建て現在の姿となった。94年ぶりの大規模な改修工事が平成19年11月30日に竣功した。四条通に西面する門で、美しい姿から八坂神社の象徴の感があり、市民・観光客に親しまれている。門前のさつきの植え込みも有名で、花季には道ゆく人の眼を楽しませている。(常時公開。夜間ライトアップ)

■月下氷人石
南楼門南側に立つ月下氷人石が立っている。奇縁氷人石ともいい、表面に天保10年(1839)の建立のいきさつを、右側に「尋方」、左側に「教方」と彫ってある。当時、案内板的に利用されたもの。市内現存3石中の一つ。他は誓願寺(中京区)と北野天満宮(上京区)に残る。

基本情報

正式名称 八坂神社
よみがな やさかじんじゃ
通称名称 祇園さん
よみがな ぎおんさん
住所・所在地 京都市東山区祇園町北側625
アクセス 京阪電車「祇園四条駅」下車、徒歩約5分 
市バス「祇園」下車、徒歩すぐ 
阪急電車「京都河原町駅」下車、徒歩約10分
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL 075-561-6155
ホームページ http://www.yasaka-jinja.or.jp/

一覧に戻る

この情報を共有する

#寺院・神社  #ユニバーサル観光  #無料  #京都四大行事  #祇園祭  について関連する
よくある質問はこちら

京都滞在中にどんなイベントがあるかを知りたいのですが。
伝統行事、花の見ごろ、開催中のイベントなどを多数掲載しています。
詳しくは「イベント情報」をご覧ください。
また、花の見ごろについては「季節のたより」をご覧ください。
初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
京都のお寺や観光施設の営業時間は何時ぐらいまでですか?
施設によって、開館時間は異なります。寺院や神社などは午後4時頃に受け付けを終える場合が多いので、あらかじめご確認ください。
朝や夜の観光は、京都朝観光・夜観光ページで特集しております。
無料で過ごせる観光客向けの場所でおすすめはありますか?
鴨川デルタ、京都駅大階段、京都御苑、岡崎公園、哲学の道、大文字山などがあります。神社も一般的に無料です。京都観光Naviでは「#無料」というタグで情報を整理していますので、検索の際にご活用ください。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
車椅子でも拝観できる観光施設はありますか?
バリアフリー情報はこちらでご確認ください。
祇園祭には前祭・後祭があるようですが、その違いは何ですか?
日本の祭には、神霊を迎え、お祀りした後にお送りする、神迎えと神送りの儀礼があります。
神輿が神社から御旅所まで行くのが神幸祭、御旅所から神社に戻るのが還幸祭です。
祇園祭も同様で、7月17日に神幸祭、7月24日に還幸祭が行われます。
山鉾の巡行はそうした行事に先立つものとして執り行われてきました。
昭和41(1966)年に前祭と後祭は、17日にあわせて行われるようになりましたが、平成26(2014)年に、24日の後祭が復活。
本来の祇園祭の姿に戻り、それに伴い、宵山や巡行もそれぞれ行われます。詳しくは下記HPをご参照ください。
祇園祭の宵山とは何ですか?
巡行の日の3日前から前日までの期間、日が暮れて駒形提灯に明かりが灯り、祇園囃子が流れるなか、山や鉾を鑑賞できるのが宵山です。
町会所には山鉾の御神体(人形)や懸装品(織物など)が飾られ、子どもたちがわらべ唄を歌いながらお守りを販売する姿も見られます。
(前祭7月14日~ 16日、後祭7月21日~23日)
祇園祭の楽しみ方を教えていただけますか?
山や鉾を建てるときは釘を使わずに建てます。その作業をご覧いただき、一般の人が参加できる曳き初めに参加するのも楽しいと思います。
また宵山期間には山や鉾を間近に見ていただけます。搭乗できる山鉾もあります。
巡行の当日(7/17.24)は山鉾の豪華な装飾や角をまがる”辻回し”などをお楽しみください。
巡行の日の夜はお神輿が八坂神社から御旅所へ渡御します。
詳しい予定表は下記HPをご参照下さい。
祇園祭はいつ、どのような日程で行われるのですか?
祇園祭は7月いっぱいにわたり行われる八坂神社のお祭りです。
7月1日の「吉符入」~31日の「疫神社夏越祭」まで1ヶ月にわたって様々な行事が行われますが、祭りのハイライトは17日と24日の山鉾巡行と神輿渡御です。
祇園祭の山鉾はいつ建てられますか?
前祭の早い鉾は10日から、遅いものは14日から、後祭の早い鉾は18日から、遅いものは20日から建てられます。
詳しくは、今年の各山鉾町の行事の詳細については、山鉾連合会HPをご覧ください。
祇園祭の山鉾巡行はどこで見るのがおすすめですか?
巡行の進路沿いではどこからでも見ていただけますが、ゆったり座って観覧できる有料観覧席をぜひご利用ください。
辻回しを見るのであれば四条河原町、河原町御池の交差点付近です。
祇園祭の有料観覧席はいつからどこで予約できますか?
「京都観光Navi」の祇園祭「有料観覧席のご案内」のページから予約できます。
祇園祭の粽とはどのようなものですか?
笹の葉で作られた厄病・災難除けなどのお守りです。玄関入口上に飾り、翌年の祇園祭で新しい粽と交換するのが慣習です。
祇園祭の粽はどこで買えますか?
各山鉾の粽は宵山の期間中、各山鉾の鉾町の会所売店において授与されます。
各山鉾町の今年の会所売店の日時など、詳細は山鉾連合会のHPをご覧ください。
また、山鉾町の粽とは別に八坂神社の粽も、祇園祭期間中八坂神社の社務所において授与されます。 詳細は八坂神社HPをご覧ください。
祇園祭では屋台も楽しめるのですか?
前祭の宵山期間中には、一部歩行者天国になり露店が出ることもありますが、年により変更されることもあります。
祇園祭ではいつどこでお囃子が聞けますか?
各山鉾町で行われる今年のお囃子の日程など、詳細は祇園祭山鉾連合会のHPにてご確認ください。
山鉾巡行は雨天でも行われますか?
雨天決行です。
有料観覧席では、傘は周りの人への迷惑になるためご使用いただけません。有料観覧席でご覧になる方は、念のためレインコートのご準備をお願いします。
山鉾巡行の観覧時間はどれだけかかりますか?
先頭から最後まで同じ場所で見学いただいて、前祭山鉾巡行は約2時間、後祭山鉾巡行は約1時間です。
宿泊施設のバリアフリー対応を調べたいのですが…。
宿泊施設のバリアフリーに関する情報はこちらでご確認ください。
※随時公表施設を追加しています。
 

その他のよくある質問を見る