Rule

安全・快適に自転車観光を楽しむための基本

  • 左側を自転車が走るイラスト
    check1

    車道の左側を通行しましょう

    自転車は車道通行が原則です。車道では左側を通行しましょう。

    京都市では自転車が車道の左側を安全・快適に走行できるように、ベンガラ色で「矢羽根マーク」(自転車走行推奨帯)を順次整備しています。
    ※宿泊税を活用して整備しています。

  • 歩行者を優先しているイラスト
    check2

    歩道を通行する際のルール

    歩道は歩行者優先です。歩道上に、「自転車通行可」 の標識がある場合は歩道を 通行することができます。歩道ではゆっくり走り、歩行者の妨げとなるときは 一時停止しなければなりません。

    標識
  • 一時停止しているイラスト
    check3

    交差点では一時停止しましょう

    京都の街では、交差点での事故が多発しています。一時停止場所では、その交差点に信号がなくても、必ず止まって安全確認しましょう。

check4

ストップ迷惑駐輪!駐輪場を使ってください!

駅周辺、店舗や民家のそばでの駐輪は通行の支障になるだけでなく、近隣住民に大変迷惑となります。施設や近くの駐輪場など正しい場所に停めましょう。
※京都市内では、ほぼ全域で路上駐輪が禁止されています。違法駐輪により撤去されると返還に2,300円の撤去保管料がかかります。
※駅の周辺等にこの標識を設置し、自転車等の放置防止を呼び掛けています。

  • 標識 自転車等撤去強化区域

    標識:自転車等撤去強化区域

  • 歩道に駐輪しているイラストに×印表示

    歩道

  • 車道に駐輪しているイラストに×印表示

    車道

  • 公園に駐輪しているイラストに×印表示

    公園

check5

通行規制エリア

規制区間の歩道では、規制時間帯内は自転車に乗って通ることができません。自転車は押して通行しましょう。

より詳しい自転車のルール・マナーについて

サイト監修:有限会社京都サイクリングツアープロジェクト