京人形

京人形
きょうにんぎょう

江戸期の浮世人形、衣裳人形の流れをくみ京都で作られる着付人形の総称。御所人形、加茂人形、嵯峨人形など多種ある。本物の西陣織の衣裳や小道具も凝ったものをつけた高級品が多い。並行して江戸期から雛人形や五月人形づくりも盛んになった。かしら、手足、髪付などそれぞれ分業化している。

「京の用語集」一覧に戻る