壬生菜

壬生菜
みぶな

壬生菜は江戸後期に、京都市の壬生地域で栽培されていた水菜の自然交配から生まれた野菜といわれています。葉がギザギザの水菜に比べると、葉が丸みを帯びているのが特徴で、味や風味も微妙に違います。生で食べるよりも、漬物にしたり、鍋もので味わったり、昔は鯨のコロ(いりがら)と炊き合わせたりしたようです。

「京の用語集」一覧に戻る