精進料理

精進料理
しょうじんりょうり

精進料理のルーツは中国にあります。日本で本格的に料理のスタイルとして定着するのは鎌倉期以降のこと。栄西や道元など、中国に渡って禅宗を学んだ僧侶たちの日中交流によって日本の精進料理の普及が促されたといわれています。禅宗寺院を中心に発達していったこの精進料理は、単に肉食を避けるというものではなく、穀物の粉を利用した中国の粉食の影響を大きく受けているのが特徴です。とくに小麦タンパクのグルテンを使う麩は代表的な食材です。精進料理は寺の中だけに留まらず、一般の人々の中にも普及していきました。その食材や油を使う調理法は、その後、懐石料理をはじめとする日本料理にも大きな影響を与えたといわれています。いまや京名物となっている豆腐、湯葉、麩などは、この精進料理とともにはぐくまれた食材です。

「京の用語集」一覧に戻る