京都市メディア支援センター

ロケ地をめぐる旅

作品から探す

検索結果

タイトル
京都太秦物語
媒体
映画
公開・放映時期
2010年
配給・テレビ局
松竹
監督
山田洋次/阿部勉
主な出演者
海老瀬はな、USA(EXILE)、田中壮太郎
主なロケ地と撮影シーン
ロケ地・施設名
鴨川(賀茂大橋)
撮影シーン
大地(田中壮太郎)が川に落ちるシーン。
ロケ地・施設名
鴨川デルタ
撮影シーン
学園祭の帰り,康太(USA(EXILE))と京子(海老瀬はな)が話す川辺。
ロケ地・施設名
車折神社
撮影シーン
夜,落ち込む康太(USA(EXILE))を京子(海老瀬はな)が励ますシーン。
ロケ地・施設名
仁和寺
撮影シーン
仁和寺前を颯爽と走る京子(海老瀬はな)の自転車通勤シーン。
ロケ地・施設名
太秦大映通商店街
撮影シーン
ヒロイン京子(海老瀬はな)が住んでいる太秦の商店街。
ロケ地・施設名
京福電鉄 御室仁和寺駅
撮影シーン
通勤途中の京子(海老瀬はな)が自転車で渡る踏切。
ロケ地・施設名
京福電鉄 帷子ノ辻駅
撮影シーン
オーディションへ向う康太(USA(EXILE))が嵐電に乗る駅。この駅はオープニングカットでも使われた。
ロケ地・施設名
京福電鉄 車折神社駅
撮影シーン
夜,京子(海老瀬はな)と康太(USA(EXILE))が語り合った駅。
ロケ地・施設名
グランプリ広場
撮影シーン
劇中に登場する人物のビデオインタビューの背景として。(昭和25年大映京都撮影所製作の『羅生門』が第12回ベネチア国際映画祭でグランプリを受賞した記念に建立)
ロケ地・施設名
三吉稲荷
撮影シーン
康太(USA(EXILE))のインタビューのバック。
ロケ地・施設名
立命館大学
撮影シーン
大地(田中壮太郎)の所属する研究室がある清心館。図書館から大地が台車を押して歩いてくるシーン。
ロケ地情報
ロケ便利帳
フォトライブラリー
ロケ地をめぐる旅
ロケ支援実績
京都の映画文化と歴史
お問い合わせ