観光スポット・サービス情報

駒札・歌碑

広沢池

広沢池

 この池は宇多天皇の孫、寛朝(かんちょう)僧正が、永祚元年(989)ここに遍照寺を建立したときに造られたものと伝えられるが、一説にはこの付近一帯の用水池として掘られたものともいわれる。遍照寺は、池のほとりに釣殿・月見堂などを設けた美しい風景を前にした大寺であったが、早く荒廃し、いまはここから南の方へ約300メートルのところに遍照寺の名を伝える寺院があって、遍照寺創建当時の遺像といわれる十一面観音立像(重要文化財)と不動明王座像(重要文化財)を安置している。

 この池は、古くより月の名所として有名で、多くの歌人によって数多くの歌が詠まれている。

 いにしへの人は汀に影たえて

 月のみ澄める広沢の池

 源三位頼政

 あれにける宿とて月はかわらねど

 昔の影はなほぞこひしき  

 薩摩守平忠度(たいらのだたのり)

 また、池の南堤は桜の名所として 西方の大沢池と並び称せられる。右京区嵯峨釣殿町(兒神社境内)

基本情報

正式名称 広沢池
住所・所在地 嵯峨釣殿町(兒神社境内)

一覧に戻る

この情報を共有する