観光スポット・サービス情報

駒札・歌碑

仁和寺

仁和寺

 平安時代前期に第58代光孝天皇が、創建に着手され、第59代宇多天皇によって仁和4年(888)に完成、大内山仁和寺と名付けられた。天皇は退位ののち出家して、仁和寺を住坊とし、30余年間修行に専心された。以後、明治維新まで約1000年間、皇子皇孫が門跡として法燈を伝えた。しかし、その間、応仁の乱の戦火で全伽藍を焼失し、双ヶ岡西麓に仮御所をもうけた時期もあった。

 現在の伽藍は、江戸時代初期に徳川家光の協力を得て再建されたもので、御所紫宸殿を移して金堂(国宝)とし、御影堂・観音堂・鐘楼・五重塔・経蔵・二王門(いずれも重要文化財)などは当時の建物である。仁和寺は現在、真言宗御室派の総本山であり、境内は御室(おむろ)御所跡として史跡に指定されている。

 また、中門の西奥には「御室(おむろ)の桜」と呼ばれる里桜があり、遅咲きの桜の名所として有名で、名勝に指定されている。右京区御室大内

基本情報

正式名称 仁和寺
住所・所在地 御室大内33

一覧に戻る

この情報を共有する