観光スポット・サービス情報

駒札・歌碑

南殿順興寺

南殿順興寺

 山号を竜華山といい、浄土真宗本願寺派に属する寺である。

 寺伝によれば、延徳元年(1489)、真宗の中興蓮如上人が河内の枚方で開いたといわれる。次いで、蓮如上人の末子兼智(実従上人)が永禄元年(1558)より枚方の当寺に住み、寺運は栄えて後奈良天皇の勅願所となり、院家に補せられた。のち、寛永年中(1625)枚方より堀川丸太町の地に移転し、二条順興寺と呼ばれて「都名所図会」に記されていた。しかし、天明8年(1788)の大火に遭って惜しくも焼失し、昔の姿は失われた。 

 やしよめ ~  京の町のやしよめ 売ったるものはなに ~

と、京都で古くから唄われている地唄万歳があるが、当寺に因縁が深いといわれ、やしよめ寺の別名がある。昭和49年4月、現在地に移転した。

 寺宝には、蓮如上人ゆかりの画像や文献が多く、毎年春季彼岸会中日に蓮如忌が行われている。右京区鳴滝松本町

基本情報

正式名称 南殿順興寺
住所・所在地 鳴滝松本町

一覧に戻る

この情報を共有する