観光スポット・サービス情報

駒札・歌碑

大覚寺(旧嵯峨御所)

大覚寺(旧嵯峨御所)

 嵯嵯峨山と号する真言宗大覚寺派の大本山である。

 当山は、嵯峨天皇の離宮嵯峨院の一部で、天皇崩御の後の貞観18年(876)に寺に改められ、大覚寺と名付けられた。その後一時荒廃したが、徳治2年(1307)に後宇多天皇が入寺し、寺を復興するとともに大覚寺統を形成した。以後、持明院統と皇位継承について争い、明徳3年(1392)当寺で南北両朝の媾和が成立した。

 宸殿は、後水尾天皇の中宮東福門院の旧殿を移築したもので、内部は、狩野山楽筆の「牡丹図」、「紅白梅図」などの豪華な襖絵で飾られている。その外、御影堂(みえどう)、霊明殿(れいめいでん)、五大堂、安井堂、正寝殿(しょうしんでん)、庫裏などの堂宇が建ち並び、旧御所の絢爛さを今に伝えている。右京区嵯峨大沢町

基本情報

正式名称 大覚寺(旧嵯峨御所)
住所・所在地 嵯峨大沢町4

一覧に戻る

この情報を共有する