観光スポット・サービス情報

駒札・歌碑

蓮光寺

蓮光寺

 負別(ふべつ)山と号し、浄土宗の寺である。天台宗真盛(しんぜい)派の祖、真盛上人の開基にかかり、もと新町通松原にあったが、のち玉譽和尚がここに移して浄土宗に改めた。本堂の本尊は仏師安阿弥作と伝える阿弥陀如来である。その昔、安阿弥が東国の一僧の求めに応じ、阿弥陀如来を作った。安阿弥自らその会心の作なるを惜しみ、この像を取り戻そうとして僧のあとを追って山科のあたりまで行くと、僧の護持した仏像が自ら二体に分かれたので、二人はその各像を背負って東西に別れたと伝えられる。この本尊はその一体であるといわれ、山号もこれに因んだものである。

 境内には平清盛の駒を止めたという駒止(こまどめ)地蔵や長曽我部盛親(ちょうそかべもりちか)の墓がある。下京区富小路六条上る本塩竈町

基本情報

正式名称 蓮光寺
住所・所在地 富小路六条上る本塩竈町534

一覧に戻る

この情報を共有する