観光スポット・サービス情報

駒札・歌碑

渉成園(枳殻邸)

渉成園(枳殻邸)

 東本願寺の別邸で、周辺に植えられた枳殻(きこく)(からたち)の生垣にちなんで枳殻邸とも呼ばれる。寛永18年(1641)、この地を徳川家光から寄進を受けた本願寺宣如上人が、承応2年(1653)、石川丈山らとともに庭園を築き、別邸としたところである。もとは、鴨川に達する広大なものであったが、現在でも200メートル四方の大きな庭園である。この地は、平安時代の初め、左大臣源融が奥州塩釜(しおがま)の風景を模して作った河原院の跡に近いという伝承があり、作庭に際し、印月池(いんげつち)と呼ばれる広い池を中心に、池には島を浮かべて石橋や土橋で結び、周囲には樹木を茂らせ、源融をしのぶ名所も作られて、平安朝の面影を再現している。園内には、楼門傍花閣(ぼうかかく)、書院ろう風亭(ろうふうてい)、滴翠軒(てきすいけん)、臨池亭(りんちてい)、茶席漱沈居(そうちんきょ)、縮遠亭、持仏堂の園林堂(おんりんどう)、橋廊の回棹廊(かいとうろう)などいずれも安政大火後の再建であるが、庭園によく似合った建物が配されている。下京区東玉水町

基本情報

正式名称 渉成園(枳殻邸)
住所・所在地 東玉水町

一覧に戻る

この情報を共有する