観光スポット・サービス情報

駒札・歌碑

間部詮勝寓居跡

間部詮勝寓居跡

 この駐車場には、昭和42年まで、顕本(けんぽん)法華宗の本山(妙満(みょうまん)寺)があった。(現在は岩倉幡枝に移転)この寺に、安政5年(1858)幕府の老中、越前鯖江(さばえ)藩主間部詮勝が滞在し、安政の大獄と呼ばれる志士の弾圧を指揮した。井伊直弼(なおすけ)が大老となり、勅許(ちょっきょ)を受けずに日米修好通商条約に調印したので、尊王攘夷(そんのうじょうい)派などの反対が高まった。そこで井伊大老は、詮勝を京都に送り、朝廷との交渉に当らせるとともに、志士の弾圧にのりだしたのである。詮勝は、安政5年9月京都入り、翌年3月まで滞在、朝廷、公家と交渉する一方、町奉行所を指揮して、梅田雲浜(うめだうんびん)ら志士を続々逮捕した。しかし詮勝はのち井伊大老と意見があわず、老中を罷免された上、処罰をうけた。中京区寺町通押小路上る東側榎木町(京都市寺町駐車場内)

基本情報

正式名称 間部詮勝寓居跡
住所・所在地 寺町通押小路上る東側(京都市営寺町駐車場内)

一覧に戻る

この情報を共有する