観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

光明院庭園

光明院の庭の直線や斜線の配石が創意された三か所の三尊石組は、鉤形の配置の本堂と書院の双方から鑑賞できる位置にある。重森三玲の設計。方丈の前に広がる池泉式の枯山水庭園は、昭和14年、東福寺方丈庭園と同時期に設計されたもので、三玲の初期の名作。方丈庭園とはうってかわって、平安式の州浜型の枯池に多数の石組を配している。寺号にちなんで光明をテーマに作庭されており、大海を表す白砂に構成された三か所の三尊石組から仏の光のごとく斜線状に立石が並ぶ。

拝観終了:日没   

基本情報

正式名称 光明院庭園
よみがな こうみょういんていえん
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 京都市東山区本町15丁目809
アクセス JR/京阪電車「東福寺駅」下車、徒歩約10分 
市バス/京阪バス「東福寺」下車、徒歩約10分 
京阪電車「鳥羽街道駅」下車、徒歩約5分
開催日時 通年
営業時間 7:00~日没
定休日 無休
TEL 075-561-7317
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#庭園・池  #青もみじ  について関連する
よくある質問はこちら

京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。

その他のよくある質問を見る