観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

京都相撲 最後の横綱之墓碑

当時の京都相撲の第一人者、孝明・明治の天皇にその人柄を愛された横綱、兜潟(かぶとがた)はお召しにより参内し、行幸にも随行し国事に尽くした。孝明天皇より「兜潟、あぐらをかいて楽にするがよい」とのお言葉を受け、あぐらを勅許された話は語りぐさとなった。京都相撲は明治6,7年ごろには総勢450名以上を数えた。兜潟は東京や大阪の相撲に対して、衰えゆく京都相撲の行く末を案じ、由緒ある伝統の京都相撲として立ち直らせ、民衆に愛されるための拠点として相撲協会の設立に全力を注ぎ、その第一歩を踏み出したとき、この世を去らねばならなかった。他の頭取、世話人などの多くは現状に甘んじ、彼の理想を解せずやがて京都相撲は衰亡していった。

基本情報

正式名称 京都相撲 最後の横綱之墓碑
よみがな きょうとずもう さいごのよこづなのはかひ
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 -
アクセス -
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

一覧に戻る

この情報を共有する