観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

八瀬天満宮社 菅公腰掛石

菅原道真公が勉学の為比叡山に登る途中八瀬天満宮の隅で休息した石で、管公が没した後その師の法性房尊意阿闍梨が勧請以来、「管公腰掛石」として喧伝された由来が「山跡名志(正徳元年(1711)刊)に記されている。場所は天満宮社より向かって左三社の左側の上に有。

基本情報

正式名称 八瀬天満宮社 菅公腰掛石
よみがな やせてんまんぐうしゃ かんこうこしかけいし
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 左京区八瀬秋元町639
アクセス ○京都バス17
京都駅前からふるさと前 徒歩約1分
○京都バス19
国際会館駅前からふるさと前 徒歩約1分
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する