観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

伊藤仁斎宅(古義堂)跡、並びに書庫

江戸初期の漢学者・伊藤仁斎の住宅で、仁斎の学問にちなみ古義堂と称する。現在の建物は明治23年に遺構をもって再建したもので、二階建、土蔵造りの書庫は仁斎在世当時のものである。仁斎は寛永4年(1627)ここに生まれた。仁斎ははじめ朱子(しゅし)学を修めたが、後にこれを排して古義学を唱え、寛文2年(1662)から宝永2年(1705)79才で没するまで約40年間、私塾を開き教授に努め、その門下生は三千人を数えた。

基本情報

正式名称 伊藤仁斎宅(古義堂)跡、並びに書庫
よみがな いとうじんさいたく(こぎどう)あと、ならびにしょこ
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 上京区東堀川通出水下ル
アクセス 市バス 堀川下立売
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する