観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

名勝 名古曽滝跡

名古曽滝は、離宮嵯峨院の滝殿庭園に設けられたもので、「今昔物語」では百済河成が作庭したものと伝える。水は早くから枯れ、石組みだけが残った。大正11年国定指定名称に指定され、平成6年からの発掘調査で中世の遺水が発見され、平成11年に復元が完了した。

基本情報

正式名称 名勝 名古曽滝跡
よみがな めいしょう なこそのたきあと
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 右京区北嵯峨名古曽町
アクセス 市バス 大覚寺
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する