観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

唐人雁木の碑

伏見区納所は淀川と京を結ぶ交通の要所で、舟着場があったところ。唐人とは大陸からの使節、朝鮮通信使のことで、1607年(慶長12)から1811年(文化8)までに12回来日し上陸した記録がある。雁木は木製階段が雁の列に似ていること。納所南端の宮前橋の手前に石碑がある。市バス納所町すぐ。

基本情報

正式名称 唐人雁木の碑
よみがな とうじんがんぎのひ
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 伏見区納所町
アクセス 市バス 納所町
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する