観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

妙蓮寺 妙蓮寺椿

妙蓮寺にある椿。妙蓮寺は、永仁2年(1294年)、日像上人を開基として創建された本門法華宗の大本山である。枯山水の石庭は十六羅漢の石庭と呼ばれる。境内の椿を愛でて徳川家康が賛をよせたという妙蓮寺椿が有名。朱紅色一重の花をつけるので、紅妙蓮寺とも呼ばれている。この椿は早咲で11月から翌春の3月末まで咲き続け、茶花としても愛用される。

専属ガイドがご案内します。
見学所要時間は最低30分

基本情報

正式名称 妙蓮寺 妙蓮寺椿
よみがな みょうれんじ みょうれんじつばき
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地  
アクセス  
開催日時 -
営業時間 10:00~16:00
定休日 毎月12日及び水曜日
12月26日~1月5日
寺の行事その他で臨時休館有り
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#寺院・神社の植物  #木・花  #枯山水庭園  について関連する
よくある質問はこちら

仙洞御所、桂離宮、修学院離宮は予約なしで参観できますか?
それぞれ現地で午前11時に配布される整理券を受け取れば、当日参観が可能です。ただし数に限りがありますので、インターネットなどでの事前予約がおすすめです。
子どもと京都を楽しめる場所はありますか?
京都市動物園、京都水族館、京都鉄道博物館、京都国際マンガミュージアム、宝が池公園 子どもの楽園など、お子さんが楽しく過ごせる施設がたくさんあります。家族で楽しむ旅を紹介した「旅のカタチ 家族旅」(URL)も参考に、旅のプランをたててみてください。
今、京都で見ごろの花は何ですか?どこで見ることができますか?
寺院や神社、公園などまちのいたるところで、四季折々、さまざまな花を見ることができます。

その他のよくある質問を見る