観光スポット・サービス情報

寺院・神社

遍照寺 木造十一面観音立像

哲学者 梅原猛先生が絶賛された仏様

重要文化財(旧国宝・指定番号975)。遍照寺創建時(989年)の作とされ、仏師康尚(定朝の師)の初期の作と思われる。元広沢池中観音島の本尊であり、王朝時代を代表する仏像である。檜の一木製であり、大正6年、不動明王坐像(重文、指定番号976)と共に国宝に指定されている。

基本情報

正式名称 遍照寺 木造十一面観音立像
よみがな へんじょうじ もくぞうじゅういちめんかんのんりゅうぞう
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 京都市右京区嵯峨広沢西裏町14
アクセス 市バス「広沢御所ノ内町」下車、徒歩北へ4分。
JR「嵯峨嵐山駅」北口より東へ、徒歩16分
開催日時 通年
営業時間 10:00~16:00
定休日 毎月28日午前中
TEL 075-861-0413
ホームページ http://www.eonet.ne.jp/~henjouji/

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する