観光スポット・サービス情報

寺院・神社

教王護国寺(東寺)小子房

東寺(教王護国寺)にある。鎌倉時代、後宇多天皇が真言密教の修行道場として建てた庵。建武年間(1334~1338)には北朝の光厳上皇がここで政務を執り行った。現在の建物は昭和8年の再建。水墨画の襖絵は堂本印象による。

※常時非公開

基本情報

正式名称 教王護国寺(東寺)小子房
よみがな きょうおうごこくじ しょうしぼう
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 南区九条町1 東寺内
アクセス 近鉄電車「東寺駅」下車、徒歩約10分
市バス「東寺東門前」下車すぐ
JR「京都駅」下車、徒歩約15分
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL 075-691-3325
ホームページ http://www.toji.or.jp/

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する