観光スポット・サービス情報

寺院・神社

狸谷山不動院 不動明王像

木食行を体得するために高野山に上った木食正禅朋厚〈後に木食養阿上人・貞享4年(1687)~宝暦13年(1763)〉は、享保3年(1718)、自らの修行地として樹木鬱蒼とした京洛北・一乗寺狸谷の地に高さ深さ共に二丈からなる洞窟(現本堂洞窟内陣)に入山し、その洞窟内に身の丈五尺の石像「狸谷不動明王」を安置したのである。本堂は懸崖造り(舞台造り)で、その洞窟は現在本堂の内陣になっている。

基本情報

正式名称 狸谷山不動院 不動明王像
よみがな たぬきだにさんふどういん ふどうみょうおうぞう
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 -
アクセス -
開催日時 -
営業時間 9:00~16:00
定休日 無休
※災害に関する警報が発令した場合には閉山となることもある。
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#ユニバーサル観光  について関連する
よくある質問はこちら

車椅子でも拝観できる観光施設はありますか?
バリアフリー情報はこちらでご確認ください。

その他のよくある質問を見る