観光スポット・サービス情報

寺院・神社

善想寺  石仏阿弥陀如来

京都文化財(京都古文化保存協会)

石仏は花崗岩、白川の赤石といわれるもので、その石が石仏に使われる時期は限られ、800年以上前の平安末期から鎌倉初期といわれています。
高さ1.6m、厚さ70cmの自然石の大きな光背を背に台座に座し、像高90cmの阿弥陀仏はひきしまった慈悲感があふれ、重厚で安定感があり、悠々とした弥陀石仏です。
この石仏は、近くの古池の辺りに在ったと伝えられていますが、戦による損壊を逃れるために石仏を土中に埋めたと思われます。800年前のこの場所は、平安末期の古地図にもあるように四条後院(天皇退位後の住まい)の場所であり、浄土教の盛行が偲ばれます。

汗出地蔵(安産)泥足地蔵(身代わり)「御守」有ります。500円
「朱印」300円

基本情報

正式名称 善想寺  石仏阿弥陀如来
よみがな ぜんそうじ  せきぶつあみだにょらい
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地  
アクセス 阪急京都線 「大宮駅」より徒歩約5分
京福嵐山本線「四条大宮駅」より徒歩5分
地下鉄東西線「 二条城前駅」より徒歩8分
市バス26系統、28系統「四条大宮」から徒歩5分 
開催日時 -
営業時間 9:00~17:00
定休日 なし
TEL -
ホームページ http://zensoji.or.jp/

■駐車場 なし

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#ユニバーサル観光  について関連する
よくある質問はこちら

車椅子でも拝観できる観光施設はありますか?
バリアフリー情報はこちらでご確認ください。

その他のよくある質問を見る