観光スポット・サービス情報

寺院・神社

宗徳寺 石造弥陀板碑

西山浄土宗。応永年間(1394-1428)に行阿上人によって創建された寺院。後に宝徳年間(1449-1452)南慶和尚が紀伊より粟嶋明神を勧請した。古来より、婦人病、安産子授けに効験がある。近年では、人形供養・水子供養も盛ん。神殿背後には「板碑」があり、花崗岩製。表面に定院の阿弥陀坐像を陽刻し、頭部左右に観音・勢至の種子を陰刻して阿弥陀二尊とし、応永28年の造立銘がある。又、境内には与謝野蕪村の句碑が建つ。

基本情報

正式名称 宗徳寺 石造弥陀板碑
よみがな そうとくじ せきぞうみだいたび
通称名称 粟嶋堂
よみがな あわしまどう
住所・所在地 下京区岩上通塩小路上る三軒替地町124
アクセス ○JR各線
京都駅から西へ徒歩約10分
開催日時 -
営業時間 9:00~17:00
定休日 無休
TEL 075-371-2332
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する