観光スポット・サービス情報

寺院・神社

西明寺 愛染明王像

本堂の脇陣に安置されており、鎌倉時代後期に慶派に連なる仏師によって彫られた坐像である。五鈷を戴く獅子冠を頭上に乗せ、三目を瞋らせ、開口して牙歯と舌先を現わし、六臀の各手に法具や弓箭等を執って坐っている。我宝自性上人の念持本尊で、愛の力を授かるとして古来から多くの人々に拝まれてきた。

基本情報

正式名称 西明寺 愛染明王像
よみがな さいみょうじ あいぜんみょうおうぞう
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地  
アクセス  
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

関連タグ

この情報を共有する