観光スポット・サービス情報

寺院・神社

徳林庵 六角堂

現在の六角堂は江戸時代の作で山科廻地蔵を安置しています。はじめ伏見六地蔵にあった六地蔵尊像は、後白河天皇の信仰を受け、平清盛・西光法師らの手により、厄病退散、都往来の路上安全、庶民の福楽利益結縁を祈願し、それぞれの街道の入口六ヵ所に六角堂をつくり一体ずつ分置されました(1157年)。

基本情報

正式名称 徳林庵 六角堂
よみがな とくりんあん ろっかくどう
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地  
アクセス  
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する