観光スポット・サービス情報

寺院・神社

徳林庵 地蔵菩薩像

852年、小野篁公(おののたかむら)が木幡山の桜の大木で作った京六地蔵尊の中のひとつです。100年に一度、お化粧直しをする習慣があり新しく見えますが、時代は平安時代のものと伝わり、3メートル程の身の丈を持つ地蔵尊は当時の作風をよく伝えています。通称として、山科廻地蔵(めぐりじぞう)、山科地蔵、四ノ宮地蔵と呼ばれています。

基本情報

正式名称 徳林庵 地蔵菩薩像
よみがな とくりんあん じぞうぼさつぞう
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地  
アクセス  
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する